皮膚研究から、
医療のブレークスルーを。

当社について

患者さんの苦痛やストレス。
それは、病気による物理的な痛みだけではありません。
治らないことへの不安や悲しみ、孤立感など、
精神的な負担も大きく、そして多様です。

ナノエッグは、"皮膚から薬剤を患部に浸透させる技術"の研究を
創立以来、ずっと積み重ねてきました。
私たちが目指すのは、まさに“注射針を使わない医療社会”の実現です。

在宅でのガン治療や、加齢に伴う網膜疾患の点眼治療の実現化、
肌に塗る・貼るだけのワクチンの開発、
QOL(生活の質)を下げてしまうアトピーの予防と完治をめざす治療など、
これまでは困難だった技術や研究の実現に挑み、医療の革新に貢献してまいります。

いつも患者さんの心のまなざしで、さまざまな医療機関の皆様と手を携えながら、
ナノエッグだからこそ実現できる独創的な製品の開発へ。
そして、皮膚からアプローチする負担の少ない治療法の確立と普及のために。

患者さんの幸せ、それがナノエッグの喜びです。

代表取締役社長
兼 研究開発本部長

山口 葉子

お知らせ

技術開発

  • ナノカプセル化技術

    ナノカプセル化技術

    薬剤の安定性・透過性を高めるために、世界で初めて無機質コートを採用。
    独自のカプセル化技術です。

  • 液晶技術

    液晶技術

    細胞間脂質の液晶構造を一時的に変化させることで、皮膚に浸透しやすく。
    世界初、外用基剤のためのナノ技術です。

  • 技術の拡張性

    技術の拡張性

    ナノエッグの皮膚研究の方向性を示し、適用領域の広がりや今後の事業展開をご紹介します。

  • ナノエッグ・キーワード

    ナノエッグ・キーワード

    ナノエッグをより深くご理解いただくためのキーワード集。一般の皆様にもわかりやすく解説しています。

事業紹介

  • 医薬品事業

    医薬品事業

    難治性皮膚疾患をターゲットにした研究や、皮膚から浸透させるDDS技術を活かした医薬品開発を進めています。

  • 機能性化粧品事業

    機能性化粧品事業

    皮膚科学技術を化粧品にも。科学的根拠に基づく機能性化粧品の開発・販売を自社ブランドにて行っています。

  • 化粧品原料事業

    化粧品原料事業

    ナノエッグが開発し、自社ブランドの機能性化粧品にも配合している各種の化粧品原料を広く提供しています。

  • 研究試薬事業

    研究試薬事業

    薬剤をほぼ100%封入できる極小ナノカプセル「NANOEGG®」を対象に、研究試薬の受託事業を行っています。


ページの先頭へ